AmebaOwndでページ作成(iPhone)

ここでは、AmebaOwndでページを作成する方法を見ていきます。

なお、AmebaOwndのアプリは「ページ機能」に対応していないため、ブラウザでページを作成します。ブラウザは「Puffin Web Browser」を使用します。

ページ作成

それでは、AmebaOwndのダッシュボード(管理画面)が表示されている状態から見ていきます。
[ページ編集]→[ページの追加]の順にタップします。
赤枠の部分で作成するページの種類を選択します。いくつか種類がありますが、「ページ」以外のものは機能が限定されています。例えば、「記事一覧」は投稿した記事を一覧表示するためのページです。あと、「Twitter」もTwitterに投稿した内容を表示するためのページです。内容を自由に決められるのは「ページ」というページだけです。では、今回は「ページ」を選択します。
すると、下の画像のように、新しいページが作成されます。それでは、左側の部品をページに配置して、ページを作成していきます。
さっそく、部品を配置していきたいところですが、少し準備が必要になります。Puffinの設定を変更してマウスを使えるようにします。右上のボタンをタップし、[マウス]を有効にします。
マウスの機能が有効になると、下の画像のようにカーソルが表示されます。ページ作成時は、部品を配置したり、部品を並べ替えたりするのにカーソルが必要になりますので、忘れずにこの設定を行ってください。では、ページを作成していきます。
まず、左側で利用する部品を選択します。今回は、「見出し」を選択します。部品を選択すると、選択した部分が緑色で表示され、配置することができるようになります。カーソルの近くでタッチしてカーソルを動かします。表示されているカーソルから離れすぎるとカーソルが動かないので注意して下さい。
カーソルを動かして、部品を配置したい位置まで動かします。部品を配置できる場所には「ブロックを追加」と表示されますので、その中でクリックして配置します。部品の配置ができると、配置した部品が表示されます。
部品の配置ができたら、内容を設定していきます。内容の設定方法は簡単で、配置した部品をクリックするだけです。今回は、「見出し」の部品を配置したので、見出しの内容を入力します。
あとは、同じことの繰り返しです。利用したい部品を配置して内容をセットしていきます。
ちなみに、部品を削除したい場合は、削除したい部品の上にカーソルを乗せ、削除ボタンをクリックすれば削除できます。
部品の配置はこれくらいにして、作成したページに名前を付けておきましょう。左上に入力欄がありますので、ここにページ名を入力します。変更する必要がなければそのままでも構いません。それでは最後に右上の[ページを公開]をタップしてページを公開しましょう。
もし、ページの作成途中でまだ公開したくないという場合は、ページを公開ボタンの横の[v]をタップして[ページを保存]を選択します。これで、ページを公開せずに保存できます。
ここでは、ページを公開して保存しますので[ページを公開]をクリックします。ページの公開が完了すると、「ページが公開されました」と表示されます。[閉じる]をタップしてこの画面を閉じます。ちなみに、URLをタップすると公開したページを表示できます。
作成したページの保存ができたら、左上の[<]ボタンをタップして前のページに戻ります。前のページに戻ると、作成したページが、ページ一覧に表示されます。

0コメント

  • 1000 / 1000