【AmebaOwnd】Macの音声入力でテスト投稿!

ここ最近、iPhone・iPadの音声入力を試してきたので、今日はMacの音声入力でテスト投稿していきたいと思います。


今回使用した音声入力

今回は、Macに内蔵されている「Apple純正の音声入力」の機能を使用して投稿しました。


ちなみに、Macで音声入力するとこのような感じです。



この音声入力の使い方は別ブログに書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

→ Macで音声入力する方法


音声入力で句読点を入れたい場合は、「テン」や「マル」と言って入力します。改行を入れたい場合は「カイギョウ」。その他、細かな記号なども音声で入力できますので、気になる方は以下のAppleのサポートページで確認してください。

→ Mac でテキストを音声入力する


Macの音声入力の「良いところ」「悪いところ」

Macの音声入力は、キーボードショートカット(fnキー2回押し)で音声入力を呼び出せるのが便利。
iPadにもこの機能が欲しいぐらい!


これまで、iPhone → iPad → Macと順に音声入力を試してきましたが、やはり画面は大きい方が快適。画面が大きければ大きいほど、複数のアプリを起動したまま音声入力ができるので画面サイズの差は大きい。


「悪いところ」とまでは言いませんが、句読点は自動で入力してくれた方がやはり楽かな。できれば、iPhoneやAndroidで利用できる「Simeji」という音声入力アプリのような「句読点の自動入力機能」を入れて欲しいですね。


おまけ

Safariで音声入力すると、なぜか入力した内容が繰り返し入力されてしまったので、今回はクロームのブラウザで投稿しました。


Safariで入力するとこのような感じになります。繰り返し入力されているのがわかると思います。
(以前は問題なかった気がするのですが...)



ちなみに、Safariだと入力した内容を再変換できます。やり方は、再変換したい範囲を選択して[かな]キーを2回押すだけ。音声入力だと、どうしても思ったように変換してもらえない時があるので、これは便利。なので、Safariの音声入力が改善されれば、基本的にはSafariを利用していくと思います。
(クロームでは再変換できませんでした)



Windowsで音声入力するときには「どこでも音声認識」と言う拡張機能を使っています。少し前に記事にしていますので、よかったら以下のページを参考にしてみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000